川村明宏です。

Pocket

私は新日本速読研究会という団体で 会長を務め、30年以上にわたり
速読についての研究と開発を 行ってまいりました。

速読に関する書籍も 多数出版しておりますので、
もしかしたらご存知の方も いらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

速読世界を体験してほしいから。

そして、読むのに1時間かかる本でもたった6分で読み終えることができるという事実を知ってほしいからです。

アメリカでシェアナンバー1の川村明宏のジニアス速読術

私は日本速読研究会の会長を務め、

「なぜ、同じ本を読んでも人によって理解するまでの時間が異なるのか?」
「世間に出回っている速読術は、なぜ習得できる人間とできない人間がいるのか?」
「同じ脳を持っていながら、能力の差がハッキリと現れるのはなぜか?」

などなど・・・様々な角度から観察し、速読の研究を日々行っていますが・・・

実は言うと、この速読法を世に広めるつもりはありませんでした。

だってね、「速読なんてできるはずがない」と思っている人がほとんどで、
分厚い本をあっという間に読むことができるなんて言っても、とりあってもらえないからです。

でも、それもそのはず。

電車の中で本を読んでいる人はよく見かけますが、ものすごいスピードでページをめくり
次の駅に着く時には本を読み終えている人なんて見たことがないと思います。

もしかしたらあなたも「速読なんてホントにできるの?」気持ちがどこかにあるのかもしれません。

それだけ速読という能力は世間に定着はしていないのが現状です。
しかし!

そのな中、私の速読法を学びたいという人達が数名現れたのです。

そんな彼らは一体どうなったでしょうか?

私は、速読法を開発したことも特許を取得したことも自慢するつもりはありません。
でも、これだけは自慢させてください。

その弟子は速読をマスターし、ついには東大に合格して博士号まで取得してしまったのです。
私にとってこれほど嬉しいことはありませんでした。

私の速読法が誰にでも使えると認められた瞬間でした。
そして今回、この速読法を公開することを決めたきっかけは他でもありません。
彼のおかげなんです。

アメリカでシェアナンバー1の川村明宏のジニアス速読術

コメントは受け付けていません。