全米オープン石川遼30位タイ

Pocket

海外男子メジャー第2戦「全米オープン」石川遼30位タイで終了

米国・メリーランド州にあるコングレッショナルCCで開催された、海外男子メジャー第2戦「全米オープン」

石川遼が最終ラウンドで意地を見せた。

5オーバーの48位からスタートし、前半2番(パー3)でボギーを先行させたものの、
その後はチャンスを確実にものにした。

4番から2連続バーディを奪うと、8番では5メートルを鮮やかに沈めて3つ目。

後半も14番から2連続バーディを決めた。

最終18番をボギーとし悔しいフィニッシュとなったが、6バーディ、3ボギーの「68」。

30位タイに終わったが、
最終日に今大会初の60台をマークし「3日目のリベンジができた」と納得の表情。

「上位に行きたかったという思い残しはあるが、
去年より手ごたえがある。スイングの内容も4日間でずば抜けて良かった」。

初日から課題の残るラウンドが続いたが、結果では公約通り、
昨年大会の33位タイを上回る成績を残してみせた。

2位に8打差をつけて単独首位からスタートしたロリー・マッキロイ(北アイルランド)が独走を続け、
通算16アンダーでメジャー初制覇。

コメントは受け付けていません。