音読のための英会話教材続きその1

英会話 勉強法 教材
Pocket

英会話を音読で学ぶ場合、CDと同じように発音しますが、最初は慣れないので、英会話がスカスカになってしまうことがあります。
 
まずは、スピードに慣れることが大切です。
 
CDと同じようなスピードと流れで、発音を意識しながら音読してみましょう。
 
この勉強法で大切なのは、スムーズに読めるようになることです。
 
スムーズに読めるようになったら、文章の意味を理解しながら読むようにしましょう。
 
例えば、CD教材の多くは、ネイティブが発音した後に発音練習ができるように空欄が設けられています。
 
このような教材は便利ですし、手軽に音読の勉強ができます。
 
音読のポイントは、繰り返し行うことです。
 
ネイティブスピーカーと同じように発音し、それを繰り返すことが大切ですし、同じように発音できるように耳を澄ますことも大切です。
 
また、同じように発音できるように耳を澄ますことも大切です。
 
これは、間違った発音を覚えないために、聞く力が必要な勉強法だと思います。
 
ですから、正確に聞き取れない場合は、まず聞いたことを繰り返すだけにしておくことをお勧めします。
 
英会話教材を読むだけでは、正しい発音がわからないので、身につかないのです。
 
初心者の方は、正しい発音で読まれているものを聞いて、それを繰り返し音読することで、だんだんと英語が話せるようになっていきます。
 
教科書とCDがあれば、家でもどこでも好きな場所で勉強できます。
 
また、自分の英会話レベルを知り、適切な学習教材を選ぶことも大切です。
 

関連記事