音読のための英会話教材続きその2

英会話 勉強法 教材
Pocket

例えば、音読用の英会話教材としては、「音読パッケージトレーニング」が有名です。
 
これは、音読、リピーティング、シャドーイング、リスニングなどの総合的な学習法です。
 
1つの英文に対して多面的に練習することができます。
 
これは、『瞬間英作文』の著者が作った英会話本で、これも大人気の本です。
 
余裕がある方や、さらにレベルアップしたい方は、『音読パッケージ』と『瞬間英作文』を一緒に勉強するのもいいでしょう。
 
英会話絶体温故知新』もありますが、これは小学3年生レベルのものです。
 
音読しながら英会話を学ぶことができ、「聞く」「音読する」「書く」の3つの学習方法で構成されています。
 
リスニング、音読、ライティングで構成されている勉強法です。
 
音読しながら中学英語を復習することができます。
 
もうひとつのおすすめ教材は「音読で英語力を鍛える」です。
 
agree、disagree、request、askなどの基本的な表現が学べます。
 
音読しやすい短文が多いので、勉強法としてはやりやすいですね。
 
モノローグで5つくらいのセンテンスを覚えたら、それを使ってダイアローグのトレーニングをすることができます。
 
この本の著者は、元NHKラジオの英語教師である岩村圭南さんです。
 
岩村先生は人気のある先生でしたので、この英会話本も学習しやすいと好評です。
 
音読という勉強法を何度も繰り返すので、教材が気に入らないと長続きしません。
 
購入前に教材のサンプルを聞けるのであれば、事前にチェックしておくことをおすすめします。
 

関連記事