音読のための英会話教材

英会話 勉強法 教材
Pocket

英会話の勉強法には様々なものがあります。
 
その中でも今最も注目されているのがリスニング教材です。
 
口コミでは「聞くだけで英語が身につく」と言われていますが、リスニングだけが英語の勉強法ではありません。
 
音読というトレーニング方法もあります。
 
中学や高校では、授業中に英語を声に出して読むわけですが、これが勉強になるんですね。
 
もちろん、見ているだけでは英語は身につきません。
 
実際に英語を読み、声に出して話すことで、英会話が身につきますし、先生やCDの真似をすることで、正しい発音ができるようになります。
 
英語の文章を読むだけでは不十分で、お手本となる音声を聞く必要があるのです。
 
ですから、自分で教材を買うときは、CDがついているものを買うのがよいでしょう。
 
音読の最初のステップは、文章を黙読することです。
 
文章を黙読すると、わからないところが出てくると思います。
 
たとえば、ある単語の意味がわからなかったり、ある単語の文法や発音がわからなかったりします。
 
それを自分で調べて解決することができます。
 
辞書や参考書、教科書のヒント欄などを参考にするといいでしょう。
 
そして、疑問点が解消されたら、CDに合わせて音読してみましょう。
 

関連記事