速読を大切にしたい、あなたに

Pocket

人気の速読ネットショップへようこそ

今日の勉強法記事は「英語」について書いていきたいと思います!
細かく全てを一度に書いてしまうと読みにくくなってしまうので、第1回ということで勉強法の全体図について話したいと思います!
 [全体図の説明] 
受験英語は主に単語、文法、英文解釈、長文の4つの分野に分けることができます。
よって大学入試で合格するためにはこの4分野の勉強に加えて、リスニングや作文などの志望校別対策を行うだけで良いのです。
英語を学ぶ上で大切なことは、常にこの4分野を念頭に入れて勉強することです。
例えばセンター試験を制限時間内で全問解答できなかったとします。
この場合多くの人は「英語を読む速度が遅いのが原因なんだ。速読力を上げるためにたくさん音読しよう。」と考えると思います。
しかし果たして原因は速読力なのでしょうか?
 ほとんどの場合センター英語が時間内に終わらない原因は単語と英文解釈に原因があります。
つまり文章中に自分の知らない単語が多数あり、さらに英文の構造を把握できないために、そもそも文章が理解できていないのです。
そのため問題を解くために何回も何回も同じ文章を読む羽目になり通常の何倍も時間がかかります。
ゆっくりでもしっかりと意味が取れていればセンター英語で時間が足りなくなるということはほぼあり得ません。
まとめると、英語を学習する際には今どの分野を学習しているのか強く意識すること、模試や過去問が解けなかった場合も常にこの4分野に問題はないか考えることが大切になります。
この4分野が熟達して初めて速読といった類を考慮する余地が生まれます。 
 [勉強手順] 1. 最低限の英単語を覚える(受験が終わるまで繰り返す。2番以降と平行) 
2. 易しめの英文解釈 
3. 文法の問題集(受験が終わるまで繰り返す。4番以降と平行)
 4. 英単語を覚える(英単語帳に載っている見出し語すべて。平行して繰り返す) 
5. 難しめの英文解釈 
6. 長文 
7. 過去問  
以上のことに注意して勉強をしていくと効率的だと思います!!
第2回以降で参考書の使い方について詳説していこうと思います!!
では!また!

村上春樹風に語る速読

コメントは受け付けていません。