速読も定番アイテム

Pocket

速読 新しい出会いに夢のせて

こんにちは!翔人です!   今日はPART7の勉強の最終段階である  ”リーディングスコアを450点取得し、800点の壁を壊す方法”  を書いていきます。   これができるようになれば、  あなたのスコアはもう下がることは一切なくなります。  そしてここまで頑張ってきたご褒美が貰えます。  それはもちろん、  リーディングのスコアアップです!  この最終段階のトレーニングを行うことで、  あなたのリーディングスコアは  450点取得は間違いありません 。   もしリスニングが400点あるなら850点は確実に狙えます!!  編入生なら人口が減ったことにより大学が減っていく中で、  あなたのスコアがハイスコアになることで、
大学はあなたを広告塔に使いたくなるため編入の可能性が高くなります!!   800点、900点を取得し、就職活動でも人もく置かれる存在になり、  企業側がこれからのグローバル社会に勝ち残るために、有利に  有名大手の内定を勝ち取る可能性が高くなります!!   しかしもしここで、  ”もう俺にはできない”  ”英語を見るのが嫌になった”  ”TOEICは諦めて違う資格に挑戦しよう”  こういったことを考え始め、  諦めてしまった場合、  あなたのスコアは当然のように上がりません。  上がらないともちろん編入試験や大手就職活動での内定、そして昇進も遠くなってきます。  そして代わりに得るものは、 ・なりたくない自分 ・夢も一生叶わないと思い続けるマイナス思考 ・したくない仕事に就職 ・いつの間にかリストラ候補  これから必須の能力である”英語”ができないことで  自分の年齢より下の世代に周りからバカにされ続けます。  そんな惨めな人生は嫌なはずです。    ”最終段階” 今まで精読、通読、音読と 段階別に分けたトレーニング方法を紹介してきました。  この最終段階で  ”毎回安定した高い点数取るための追い込みをかけるトレーニング” とは”速読”です。  この速読がなぜ最終段階に、しかも重要なのかというと、  最終段階である理由は、  速読をただ目を早く動かして、あたかも”読んでいる”と勘違いして欲しくないためです。  このような方は、ずっとスコアは伸びません。  なぜなら精読、通読で身につけることができる”正確性”を得られてないからです。  そして重要性では、ハイレベルで高いです。  ”TOEICは時間との勝負です”  そもそも速読ができなければ、最後まで読み切ることができなければ、あなたのスコアも変わりません。    それではどのようにして”速読力”を上げていけば良いのかというと、  ①今まで使用してきた模試を用意 ②音読や通読でウォーミングアップ ③タイマーを用意 ④タイマーで測りながら黙読する ⑤意識が高い人は問題文を読んで回答  注意点が 何度も言うように、”正確性”が欠けないようにすることです。  どうしてもそれを忘れてしまい、速読に取り組む人がいます。  ”正確に読めているかわからない”  と感じている人は、読み終わった後に、  問題を解いてみて、根拠のある回答であれば、理解しながら回答できている証拠です!!    そして今すぐできることは、  ”PART5を今ここで解いてみる”  です。  これはなぜかと言うと、ここまでのレベルにきた人は、 PART5も必然的に上がっています。 なぜならPART7はPART5の延長線上みたいなものだからです。  時間は15分で9割回答ができれば830点は取得できます!!  それでは今日も勉強を頑張っていきましょう!!  翔人                   

速読いいよ。

コメントは受け付けていません。