まだある! 速読を便利にする3つのツール

Pocket

速読商品を自宅にいながら手に入れよう

そろそろ速読が本気を出すようです

こんにちは、レゾナンスリーディング、渡邊康弘です。 いやぁ、水星逆行も明けていよいよ、
ラストスパートの二か月が迫ってきました。
えっ、もうラストスパート?と思われるかもしれませんが、

今年は、とにかく5月18日~7月22日が重要。
この期間がとてもエネルギーの強い日なんですね。
この期間に実績を出せるのか?

ここまでに思いついたアイデアやインスピレーションを
ひとつの形にできるのか?

それが鍵になっています。

その鍵を握るのが、実は今週末の二日間。
この21日(土)22日(日)に何をするのかが大切だったんですね。
 大量にインプットして、急速にクリスタライズ、
結晶化できるかがカギになっています。

今年飛躍してくれる人が集まってくれるかなと思って、受講者のリクエストにお応えして、開催したのが、
レゾナンスリーディング マスター講座 in 大阪。 素晴らしい方々に参加していただきましたよ^^  今回の講座は、一年間見ても、特別な日程。
そして、5月18日~7月22日の事が大きく飛躍するタイミングの
チャンスだから、マスター講座を使って人生を大きく飛躍させたい人がやっぱり、参加していただきました。 レゾナンスリーディング基礎講座を受講した人だけが参加できるマスター講座。 そのマスター講座では下記のことができるようになります。 =マスター講座でできること=============
・二日間で12冊~14冊読めるテクニックが身につく
・洋書が抵抗感なく手にし、読書できる手法が身につく
・分厚い専門書も軽々読むことができる
・自分だけのブランドワードを作成できる
・二日間である分野の専門家になれる情報量が手にすることができる。
==========================

これからの生き残っていく力を身につけていくには、
やはり、何らかの専門分野を持つことが不可欠です。

専門家とは、その領域の最先端+歴史を知っていること。
そして、専門家から飛躍する人とは、
最先端+歴史から、かけ合わせ新しいカテゴリーを生み出す人です。

洋書を手にしますが、、英語が苦手という人も大丈夫。
英語力が弱くても、洋書は実は読めるようになるんですね。

基礎講座から、さらに発展したい人はもちろんのこと。

まだ基礎講座の内容が充分に使え切れてない。
テキストを見ながらじゃないと手順がわからない。

基礎講座から、月日が流れ、
レゾナンスリーディングが習慣化できなかった
という方もいらっしゃることでしょう。

マスター講座では、二日間かけて、
一般の人の読書量の1年分にあたる12冊~14冊を読破します。

えっ、そんなに読むの?と驚くかもしれませんが、
大量に短い期間で大量に読むことによって、
あなたの読書スキルは各段とレベルアップします。

それも、超一流の読書プロフェッショナルの
思考プロセスに基づくトレーニングを徹底的に行います。

過去には、基礎講座を受けて、まだだという方も
一気に、才能が開花するという事例も多くあるのです。 今回も、14冊以上の本を読み、受講者それぞれのこれからやっていく方針、新説を生み出しましたよ。  講座中には、英語力関係なく、洋書にチャレンジします。    12冊~14冊という分量は、1年間の平均的な読書量。この1年間分をたった2日で読めるようなるのがこの講座の特徴。 二日間終わる頃には、スピーディーに一冊読めるようになることはもちろん、大量の本が読める情報処理能力。さらに情報編集力も身につきます。  いやぁ、今回も素晴らしい方々にご参加いただきました。やはり、レゾナンスリーディングは楽しいですね。 ご参加いただきました。みなさま、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。