アダム・スコット

Pocket

アダム・スコット



アダム・スコット, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=771065 / CC BY SA 3.0

#オーストラリアのゴルファー
#アデレード出身の人物
#1980年生
#存命人物
アダム・スコット

アダム・スコット(Adam Scott, 1980年7月16日 – )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファーである。同じ年にあたるセルヒオ・ガルシアなどと並び、若手男子プロゴルファーの中で最も顕著な活躍を見せてきた選手のひとりである。2006年10月末にアメリカPGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」で初優勝を遂げ、世界ランキングでも3位に躍進した。早くからタイガー・ウッズに強い憧れを抱き、(以前ウッズのコーチを務めていた)ブッチ・ハーモンに師事していることから「ホワイト・タイガー」(White Tiger)と呼ばれることもある。2013年マスターズにて、自身初、長尺パター使用者として初のメジャータイトルを獲得。

スコットはオーストラリアの英雄グレグ・ノーマンに憧れてゴルフを始め、ジュニア時代から顕著な成績を数多く出していた。2000年6月、大学を2年で中退してプロゴルファーに転向する。直ちに2001年1月の「アルフレッド・ダンヒル選手権」でヨーロピアンツアーに初優勝を飾り、スコットは大型新人選手のひとりとして注目を集め始めた。1999年後半に19歳で一躍世界トップ選手に躍進したセルヒオ・ガルシアの刺激もあり、当時の若手選手たちが少しでも早い成功を求めていた時代背景もあったが、スコットはその中で着実な成長を続けてゆく。スコットのメジャー大会初出場は2001年の全英オープンであったが、2002年のマスターズに初出場で9位入賞を果たし、メジャー大会への挑戦も軌道に乗せた。2002年は3月の「カタール・マスターズ」と8月の「スコットランドPGA選手権」で欧州ツアーに年間2勝を挙げている。

2003年のシーズンには、7月末の「スカンジナビア・マスターズ」で欧州ツアー4勝目を挙げた後、アメリカPGAツアー大会でも9月初頭の「ドイツ銀行選手権」で第1回大会の優勝者になり、アメリカで初優勝を果たした。この大会は、タイガー・ウッズがホストを務めるトーナメントである。2003年のプレジデンツカップで、23歳のアダム・スコットはオーストラリアの選手として、初めて「国際選抜チーム」の代表選手に選ばれた。2004年からスコットはアメリカツアーに活動の拠点を移し、“第5のメジャー大会”とも呼ばれる3月下旬の「ザ・プレーヤーズ選手権」で初優勝を飾り、世界的な評価をさらに高めた。このトーナメントの会場であるアメリカ・フロリダ州の「プレーヤーズ・クラブ・オブ・ソーグラス」(TPC of Sawgrass)は、アメリカで最も難しいゴルフコースの1つに数えられている。プレーヤーズ選手権の3ヶ月後に「ブーズアレン・クラシック」でも優勝し、この年はアメリカで年間2勝を記録した。

2006年のスコットはメジャー大会でも成績を伸ばし、全英オープンで8位に入った後、全米プロゴルフ選手権でメジャー大会の自己最高成績となる「3位」をマークした。PGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」は、年間賞金ランキング30位以内の選手しか出場資格を得られない大会である。スコットは2位のジム・フューリクに3打差をつけ、11 アンダーパー(-11, 269ストローク)で初優勝を飾った。この優勝により、スコットは年間賞金ランキングを3位で終えた。しかし、2008年に車のドアで指を怪我した後に、趣味のサーフィン(ウェイクボード)で選手生命を危ぶまれる程の膝の故障を負い、2009年度は賞金ランキング108位、世界ランキング34位にまで転落した。

2012年の全英オープンでは3日目を終え11アンダーの首位に立ち最終日も14番までは順調であった。しかし、15番から4連続ボギーを叩いてアーニー・エルスにかわされ惜しくも2位となる。

ゴルフウェアをユニクロと契約して臨んだ2013年の第77回マスターズでは、72ホール目をともにバーディで終えた43歳アンヘル・カブレラと通算9アンダーで首位に並び、決着は雨中のプレーオフとなった。プレーオフ1ホール目の18番ホールは共にパー。プレーオフ2ホール目の10番ホールでは両者がバーディパットに挑んだが、カブレラの約6mのパットはカップの縁に止まりパーだったのに対し、スコットは約4mのパットを長尺パターで成功させた。長尺パターの使用開始から2年、32歳で自身初のメジャータイトルを奪取して、オーストラリア勢初、長尺パター使用者初のマスターズチャンピオンとなった。

2014年5月…・・・続きはこちら⇒アダム・スコット

コメントは受け付けていません。