「タブレット学習」という宗教

自宅で受講できるインターネット在宅学習システム「e点ネット塾」

タブレット学習 人生を走り続ける人々へ。

長男のことです。 受験が終わって、喜んで遊び呆けることを心配していたのですが・・・意外なことに、今も 勉強がんばってます! 別にベネッセの回し者ではないのですが・・・アメリカに住んでいた3歳から「進研ゼミ」(その当時はこどもちゃれんじ)をやっています。日本語&日本の勉強をKeep upしていくためでした。タブレット学習ができるようになってからは、本人の強い希望で、アメリカでは本当は受講不可のところ、実家の住所を使って、タブレットを申し込み、「チャレンジタッチ」でずっと家庭学習していました。(ICTとかアクティブラーニング、すでにここでやってましたね) さて、今回12月に「中学準備講座」なる大きな箱が配達されていました。新しいタブレットがもらえたんです。私立中学に入学したら、とうとう「進研ゼミ」はやめる予定で、すでに3月いっぱいで退会の連絡もしてあるのですが、それでも全員もらえるということでした。(ちょっと申し訳ない)  でも、受験が終わるまで、開けないで英語の勉強に集中しようということで、開封してなかったのですが、とうとう晴れて開封、新しいタブレットの設定が終了しました。 そしてこの週末、12月末から遅れた分をキャッチアップしていたようです。日曜の夜も長い時間、算数と国語の勉強をしておりました。内容をのぞいたところ、一応「ハイレベル」を選んだので、中学入試の簡単版みたいな内容をやっているようです。 ほとんど英語だけで受験してしまったので、これからは、算数と国語もがんばってほしいと本人に説明してあり、納得したようです。入学予定の学校は、英国数は習熟別クラスなので、上のほうにいきたいみたいです。 英語のほうも、今朝もいつも通り6時に起きてThe Japan Timesを読んでました。 えらいじゃん 本人、中学でも勉強がんばろうと、張り切ってるようです。そうそう、受験で燃え尽きないでこれからもこつこつやってほしかったので、大変好ましく思っています

タブレット学習について最低限知っておくべき3つのこと

またまたまた、レオが保育園からお熱ですコールで呼び出しがありました3月は一体何度目なのか…。
メッセージの返信遅れていてすみません、順番に返していますm(__)m
エレン就学準備のまとめを記事にしておきます。
ほかに家庭学習は、・きらめき算数脳2冊・陰山メソッド音読・10マス計算(毎回タイム測定)・ひらがな、数字書き取り練習・かけ算九九(たまに)・七田プリントちえ以外・ひとりでとっくん計算、文章題、ひらがな・ハローキティゼミお試し1ヶ月分・無料プリント(ぷりんときっずなど)・100均ワーク・絵本で音読練習・日記(書きたいことがあるときに)・ピグマリオン点描写などなど…です。他にもあったかも?
幼児教室で「点図形は空間認識、模写等にも繋がる非常にいい課題です。ペーパーがない学校を受験する場合でも必ず毎日やりましょう」と言われていたので、受験に関係なくやったほうがいいんだろうなぁと思い続けてました。
ハローキティゼミはお試しのみ。七田プリントは小学校の試験が終わってから久しぶりに再開すると「ちえ」は簡単で必要ありませんでした。受験のときのほうがもっと難しい問題をやっていたので…。もじ、かずはやりましたが、別で算数をどんどん進めていたのでそのうちかずもやらなくなり、もじだけ少しやりました。

画像のドリル、国語系は多いですが、最初いきなりハイレベをやったらなかなかの躓きで(^^;)レベル落としてくもんなどのドリルにしたらすらすら進みました。「論理国語」とても分かりやすくて、導入によかったです。カタカナはなにもしていないですが、いつの間にやら読めていたので、楽しそうなドリルでのんびり書き始めました。
英語は・手作りアルファベットかるた(無料プリントを厚紙に印刷→カット)・DWE・アンパンマンおしゃべりことば図鑑えいごモード・アルファベット大文字読み書き・名前書き取り練習・レプトン
名前はアルファベットで書けるようにしました。レプトン(ネイティヴ先生とスピーキングもできるところ)を開始して、とても楽しいようなので入学後もそのまま続ける予定です。
色々やりましたが、一番進んだのは、タブレット学習でした。
ひらがな等はしっかり書けるようになってほしかったので鉛筆で。算数は慣れてほしいし楽しんでほしい、とタブレット学習(RISU)を取り入れました。ペーパーばかりでつまらなくならないように。11月の終わり頃からスタートして、今3年生の内容まできています。
※RISUは先取りができます。(先取りすると追加料金がかかりますが上限あり)エレンは最初、毎月追加料金上限までどんどん解いてました。RISUを選んだのは他のタブレット学習と違ってそこがいいな、と。スマイルゼミとか先取りダメなんですよね。たくさん教科あっていいのに残念。。。先取りダメだとすぐに学校の授業と差が出そうで、あまり意味ないと思いやめましたm(__)m
鉛筆を使うときの勉強は書き順や解き方をしっかり見たいのですが、ユリアの取り組みも進めるとずっと付きっきりではいられなくて。RISUは1人でもゲーム感覚でできるのでとてもよかったです。余計な機能もついてないので、安心して渡してました。たまに届く先生からの動画をとても楽しみにしています。視力低下が気になるので、1日15分を目安に。入学後も継続予定です。

賢くなるパズルはかなり楽しんでいたかも。「うーーん??」とよく考え込んで集中していて、解けたときの「できたー!!」はすごく嬉しそうでした2冊終了し、今3冊目です。
はなまるリトルさんすうは1年生の分終わりました。文章題に慣れるのによかったです。問題の意味が分からない!は小学校受験時から苦労してたので、やはりここにきても大変でした…(^^;)RISUでもどんどん進むのでだいぶ鍛えられましたけどね。きらめき算数脳はなかなか考えさせられる問題ばかりで難しいものもあり、やろうよ~と言うとちょっと嫌がられたりしました
毎日必ずお手伝い(月初めに、今月は何をするか相談の上決定)と、読書(読み聞かせ)も積極的にしました。毎日ではないですが日記も。

なんだかんだ受験後も色々やってたな~と思います。しっかり先取りしているご家庭に比べたらとてもゆっくりペースだと思いますが。
ちなみに、「かけ算九九」は、エレンと本屋へ行ったときに、おさるのジョージのかけ算九九ポスターが売ってて。欲しい!と言うので買って、せっかくだから貼ってたまに読んでました。
先取りで進めてますが、本当進学先によりますので、先取りを嫌がる学校もあるかと思います。エレンはこのくらいやっておきたかったのでやっただけなので、毎回言ってますが参考にしないでください(^^;) 算数は少し余裕もって入れると思うけど、英語は心配m(__)m
Z会、ピグマ、チャレンジ、リトルくらぶ、スマイルゼミ…色んな資料を取り寄せたり体験会に行ったりもしました。が、小学校の宿題がかなり多そうなのでどれも見送り。
とりあえず宿題と市販教材を進めて、ペースを掴めるようになったら通信もまた考えます。
入学式までもう少し。私もどきどきですが、とっても楽しみですまずは体調第一に。引っ越しの前後、子どもたちは祖父母の家に行くのですが、生活リズムが乱れそうで多少は仕方ないですがしっかり睡眠取って元気に過ごしてもらいたいです。

自宅で受講できるインターネット在宅学習システム「e点ネット塾」

コメントは受け付けていません。