小粋なタブレット学習をお探しですか。こんなにあります。

自宅で受講できるインターネット在宅学習システム「e点ネット塾」

タブレット学習 勝った方が泣けるのが受験。

未就学児向けのモンテッソーリ教育を取り入れたタブレット型?みたいな教材がある。
私が知らなかっただけかも知れないけど息子の時代にはなかったはずで選択肢が多いという意味では少し羨ましくもある。
でも、じゃあ本当に当時それがあれば利用したかと言われると微妙。
今年の夏休み、スマイルゼミとRISUを試してみたけれど、どうもしっくりこなかった。
RISUは3年生まで進んだけれど、なんか大事なことを忘れて先に進んでいるような気がして、スマイルゼミは、とてもよかったけど、算数は3年生で国語は1年生みたいなかんじで科目によって学年を選べたらもう少し真剣に検討したかも。
結局、地道にえんぴつとノートで勉強する我が家。

タブレット学習のない明日か。

この夏休み、はじめての体験をいろいろしました。
ひとつは大手塾の夏期講習。四日間だけの短期でしたが、塾通いを初体験しました。
息子はまぁまぁ良かった、そうです。
この適当な感想

私から見ても楽しく通えていたように思いましたが、なんといっても夏休みですからね。時間的な余裕はたっぷりあるので。気持ちにも余裕がある故のことと思います。

しかし、学校が始まるとそうはいきません。塾の宿題と復習をしながら家庭学習と公文を続けるのはまだ息子には負担が大きいかなと感じました。
低学年から塾通いをしているお子さんは精神的な成長も長けているのでしょうね。
もうしばらくわが家は家庭学習で苦手範囲くらいをフォローしていくのが合っているのかなと思いました。
そして、パズル道場の夏期講習。
四目並べは楽しかったそうですが、毎週通うのは。。。だとか(笑)
かなりお褒め言葉をいただきましたが、塾も商売ですからね。そりゃあ、いい事を言いますよね。
こちらも夏期講習だけで継続はしないことに決めました。

それから、レゴの新しく発売されたブーストを使ったプログラミング体験。

プログラミング体験はもう数えきれないほどしていますが、ブーストは初めてでした。
マインドストームよりも易しいようですね。低学年はこちらが良さそうです。
しかし購入は見送りました。
 
それから、タブレット学習のRISU☆
とっても楽しくて、寝そべりながらのごろごろ学習でしたが、五日間で5ステージクリア。
しかしながら、それにより月額利用料が上限金額8,980円(初月は6,000円)になることが確定になってしまいました。クリアステージ数で利用料が変わるため。
さらに、ここに年間基本料29,760円をプラスすると…
結構高いことに今更気づくアホ
費用対効果が高いと判断するか否かは各個人の感覚ですが、うちは断念しました。
ごろごろしながらでも学習できるのはタブレットの魅力でしょうけれど、筆力もまだまだ未熟な息子には紙が合ってるわ!
紙神と納得させてます
こんな具合で体験いろいろしましたが、いずれも却下というね。。。
でも、おかげで経験値は上がった、
気もします(笑)
夏休みならではの寄り道でした

 
わが家で実践してきた家庭でできる難聴療育をまとめています。こちらもよろしくお願いします 『難聴赤ちゃんの子育て〜家庭でできる難聴療育〜』

自宅で受講できるインターネット在宅学習システム「e点ネット塾」

コメントは受け付けていません。